カテゴリ:交流( 36 )

おすそわけ(2)

「おすそわけ」で 感じたことがあります

なんせ この地区の「おすそわけ」は半端じゃない、、、
あるおばさんは、バイクの前カゴいっぱいみかんを持ってきた
あるおばさんは、ほうれん草を両手いっぱい、、、

最初は、 「なにがお返しできるかな」と 悩んでいました が、、、

次第に 素直に喜べるようになってきました

そして、この溢れる愛情を ほかの人にも分かち合いたくなってきました

これが、人間の自然な姿なのかもしれません

今日は そんな 気づきがありました

感謝!
[PR]
by koiwa770015 | 2009-03-31 22:58 | 交流

結(ゆい)

先日 地域の自治総会があった 20軒の小さな田舎の集落
公民館で役の引継ぎが行われて、

「会計の仕事は、大変だからもうちょっと謝礼を上げよう、、」とかいろいろと意見がとびかい
大きなグループだとなかなか思ったことが言えないがこれぐらいだとアットホームな雰囲気で
いい感じだ、

そして、小岩家の自己紹介、、、、

途中で フランス人のバロンPさんが現れた、、、
バロンさんは、ここの集落に来る前に 屋久島にいたが、なかなかいい仕事が見つからなかった
そして、この地に最初3ヶ月の予定で滞在するはずだったが、、この集落(松の迫)がとても気に入って
住み着くことにされた、、今は、 バスを機関車風の移動パン屋にして人気沸騰中、、、
なんと そのバロンさんが以前に住んでいた住居に小岩家が住んでいる、、すごいご縁、、

自治会の引継ぎが終わったら、飲み会である
鹿児島は、焼酎を飲みながら交流するのが伝統である
これを「のんかた」と言っている
昔はよく「なんこ」というゲームもしていた
木の棒をいくつか手のひらに隠してお互いの合計をトンチを交えて言い当てるゲームだ
負けた人が焼酎を飲む、、、

交流会で ある長老が怒っていた、、
バロンさんが、引越しするときに町内放送の設置の手伝いに声をかけてくれなかった、、ということである
私は感動した、、手伝いに誘ってくれなかったといって怒っているのです
若い自治会長は、工事は大変だから若いものだけで済ませようとの気遣いだった
バロンさんがフランスに帰らずに居ついた理由がわかってきた
[PR]
by koiwa770015 | 2009-03-31 09:13 | 交流

おすそわけ

鹿児島には 上の原遺跡という縄文遺跡があります
もう 何年か前になりますが そこに立ったときに
3つの大事なことが つい最近まで続いてきたんだ! と感じたんです

それは、、

1、 火を囲んで交流していた

2、 石臼を使っていた

3、 日常に おすそ分けで助け合っていた

なんで おすそ分けがでてきたか わかりませんが、今住んでいるところは、おすそ分けが
とっても盛んです。 そんで 見返りはまったく期待しないんです
差し上げるほうもいただく方も とっても気持ちがいいのです

ある日、 みかんをたくさんいただいたので 実家に持っていたら
ニンジンや大根、ほうれん草をいただいたので
それを 近くの友人宅へ持っていたら 魚をいただいて 冷蔵庫が無いので
知人へ持っていったら イモをいただいた、、、、、

こんな感じで だんだん増えていくんです
それで どんどん回っていくうちに 次第に落ち着いてきます

最近 この おすそわけが とても気楽に楽しくできるようになりました
それは みんな ほんの少しの量でも とても喜んでいただけるからです

こんなところだから 警察も笑顔でゆとりです
まるで ムーミン村の警察みたい、、
[PR]
by koiwa770015 | 2009-03-30 20:28 | 交流

とんど

この時期 日本各地で「とんど焼き」が行われていますね!
左義長ともいいますが 竹で組んだやぐらを燃やして正月飾りを焼いてもちを焼いて
その年の健康を祝う行事ですが
1/10日の白川町は真冬とは思えないような陽気でした
1/13日ぐらいまでは白川町にいて 残務処理です

a0042573_17115984.jpg


a0042573_17122415.jpg

[PR]
by koiwa770015 | 2009-01-12 17:12 | 交流

公民館まつり

踊りの時だけは元気な愛ちゃんは、今日は白川北地区公民館のフラの発表会でした
とてもイキイキとしている家内のフラを拝見して思ったのです
「人には生きがいが大事である」って、、、
a0042573_20455595.jpg

[PR]
by koiwa770015 | 2008-11-30 20:54 | 交流

五風十雨農場

山梨県北杜市横手の五風十雨農場の収穫祭に行ってきました
とは言っても到着したときは丁度イベントが終わっていました
突然の来客(見えないゲスト)があったりして時間通りがなかなか難しい小岩家です

五風十雨農場の向山さんとは、日経WEBの記事がきっかけで丁度1年前にお知り合いになりました そのときもイベントは終わっていました

ただ そのお陰様か 向山さんや残っていた方々とじっくり濃い話ができました

五風十雨農場では 今 交流の場としてのログハウス風のエコハウスが建設中です
近くの木々をふんだんに活用されています
おっことぬしと呼んでいる樹齢130年の杉の大木が中心にあってしっかり守ってくれているようです 二階もあって 宿泊もできそうな感じです
これからどんなコミュニティになっていくのかとても楽しみです

a0042573_1284528.jpg

a0042573_129166.jpg


心を和ませる山羊の親子
a0042573_1294927.jpg


山梨のフリー誌「ホッとらいふ」に向山さんと五風十雨農場のことが特集されました
素晴らしい内容ですので お近くの方はごらんください
ホッとらいふ
[PR]
by koiwa770015 | 2008-11-03 12:02 | 交流

サバイバルアドバイザー

先日 高山に行った
6月に雑穀の種まきを一緒にした友人宅(Oさん)で
タカキビの脱穀から食べるまでを身近な道具でみんなでやってみた
ちょっとしたワークショップだ
この友人宅は夫婦と子供3人
そこに近くのYさんが来て みんなで囲炉裏を囲んで 栗を囓りながら
なかなかいい雰囲気だ!

まずは、大きな竹ざるの上でタカキビの穂を手で丁寧にしごく、、
それを 漬け物壺に入れてすりこぎでつつく、、
そして、ごみを吹き飛ばして
すり鉢の中に入れて、つぶさないようにすりこぎや手袋で殻をとる
それを大きなボールに入れて ぐるぐる遠心分離しながら
息を吹きかけたり殻のついた実を分けたりして
3時間ぐらいかけて約400グラムぐらいのタカキビの実が食べれる状態になった
まるでピンクの宝石みたいに美しい!
小さな土鍋で炊いてみた、、、プチプチ感もあり みんな感激!

翌日はそれを愛ちゃんが小麦粉やこうせんに練り込んで縄文クッキーをつくってくれた
種まきから意欲的に参加したNちゃんは最後の調整作業にとても積極的に参加してくれた
思い思いの形のタカキビ入りクッキー、、、絶品だ、、クッキーにもとっても合うタカキビ、、

こんな サバイバルなワークショップもいい感じだな~

昔は 日常だった 炉端のこんな交流  また復活させたいな~
[PR]
by koiwa770015 | 2008-10-09 21:01 | 交流

清掃活動

田舎暮らしでの 必須参加項目と思うものが3つある
1.葬式 2.清掃活動 3.新年会

今日は 朝市と重なったが 朝8時から清掃活動に参加した
ここ白川町黒川も高齢者が多くなって 体力のある男性はとても貴重だ
とは言っても今日は朝市があり主催者なので9時には引き上げた
田舎はこんないろんな集まりで信頼を深めている
a0042573_20482694.jpg

橋の向こうの三角の屋根の家が我が家だ(もと料亭)

朝市では、私を訪ねて名古屋の自然食店のYさんが訪れてくれた
とても嬉しかった
お陰で古代米は完売した

午後からは炭小屋で交流会 空さんのタッチフォーヘルスワークショップがとても良かった
栗やサツマイモを食べながら深まる秋をみんなで楽しんだ
今日も素晴らしい一日 感謝(^こ^)
[PR]
by koiwa770015 | 2008-09-28 20:53 | 交流

位山

6/21 夏至 位山(高山)1529mにみんなで登りました
前日に高山の友人の事務所に宿泊して早朝3時に出発、、、
前日の雨も小降りになって、辺りはまだ暗い中スキー場の麓まで車で行って
そこから林間コースを徒歩、、、前日ほとんで寝ていないこともあってか、、
家内はすごくえらかったみたいでしたが、無事 六稜鏡岩まで到着 このパワースポットで
儀式が行われました、、
a0042573_2118176.jpg


そこからは希望者のみ山道を山頂まで、、、
家内はみなさんと位山のパワーに支えられてなんとか歌歌ったりしながら、、途中パワーを感じてか泣き出したりしながらもなんとか山頂近くの天岩戸までたどりつきました
a0042573_21231616.jpg

こんな不思議な木が位山にはたくさんありました 石にすごくパワーがあるみたいで
大きな石を抱きかかえている木などたくさんでした
a0042573_21244594.jpg


六稜鏡岩から約2時間ぐらいでなんとか家内も山頂に到着、
みんなで持ち寄ったおやつのシェアリングタイム、、霧の中なかなかいい雰囲気でした
a0042573_21262031.jpg


お昼前に下山して一旦 友人宅で仮眠、、、、
午後は、一緒に登山した杉山開知さんによる地球暦のワークショップ、、、
これが実に深い内容に思えましたが、理解するには時間がかかりそうです
一年を太陽の周りを地球が360度で分度器のような暦で他の惑星の位置も
1兆分の1の尺度で表して、その角度関係で人間の内面の変化もわかるというものです
太陽を中心に置いて考える暦です
なにか新たな発見があったら公開します
[PR]
by koiwa770015 | 2008-06-23 21:37 | 交流

塾の子供たちとサバイバル交流

去年の秋に自然農のサツマイモ掘り交流に来てくれた名古屋の塾の子供たちが
今年は植え付けから体験したいということで 3つの塾から22名がやってきました

6/15日 11時ごろ到着と同時にご飯の準備
一斗缶くどに初めてライターで火を付ける男の子、でもライターは意外と難しいらしい
マッチでなんとか火が着きました 火遊びは初めてということで楽しそう
a0042573_2162196.jpg


こちらは 地面を掘って縄文式(?)くどに大釜を載せてジャガイモを茹でています
火吹きを楽しんでいる女の子
a0042573_2181921.jpg


鉄なべで炊いた古代米入りご飯が大好評!
a0042573_2183332.jpg


塾長は、母親秘伝の五平餅を小屋の中で焼いています
a0042573_2193585.jpg


草のジャングルもみんなで力をあわせて開拓してサツマイモ畑になったよ!
a0042573_2110288.jpg


子供は草の中が大好きですね 備中鍬で耕したり興味津々 時間が足りずに
残りは翌日完了しました

これから世界がどう変化するかわかりません
自然農+サバイバル体験は大事かも
[PR]
by koiwa770015 | 2008-06-16 21:27 | 交流